おすすめ記事一覧

世界で3番目の新型インプレッサに採用された歩行者エアバッグの秘密は? ボルボとの違いは?

2016/07/26 20:24 by   ニュース・新車, テクノロジー, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

今秋にも発売される新型スバル・インプレッサ。

走りや見た目のクオリティアップを果たしているだけでなく、「アイサイト3」に加えて、歩行者用エアバッグも全車標準装備するなど、さらに安全性が引き上げられています。

SUBARU_NEW_IMPREZA_10

ボルボV40、ディスカバリー・スポーツなどのランドローバーに続いて採用される歩行者用エアバッグ。ボルボがV40に世界初で搭載した時、スバルでは鋭意開発中だったそうです。

SUBARU_NEW_IMPREZA_07

新型インプレッサの歩行者エアバッグは、20〜30/1000秒で衝撃を検知し、その後30〜40/1000秒でエアバッグが開くというもの。




あなたにおすすめの記事