おすすめ記事一覧

トヨタが電動立ち乗り二輪車「ウイングレット」の公道走行実証実験を開始

2016/03/27 09:03 by   テクノロジー, ニュース・新車

トヨタは、同社がパーソナルモビリティロボットと呼んでいる電動立ち乗り二輪車「ウイングレット」の公道走行実証実験を開始する、と3月24日付けで発表しました。

20160324_01_01_s

この種の新しい乗り物を公道(歩道)で走行させるには、法規上の規制から特区制度が必要で、つくば市や豊田市が特区制度でウイングレットの実証実験を行ってきました。

平成27年7月に特区制度が全国展開されたために、今回、国内でも先進的なエリアのひとつである臨海副都心において、この実験を実施することになった、ということです。

20160324_01_02_s

トヨタでは、体の重心移動で走行するウイングレットを操る楽しさ(=Fun to Drive)を伝えるとともに、ウイングレットの使い勝手の良さをより多くの方に実感してもらい、新たなモビリティ社会の構築を目指したい、としています。

002

今回の実験は、平成28年3月28日(月)から平成29年3月31日(金)までの約1年間にわたって行われます。4月下旬からは、試乗会も毎月2日間程度実施されます。

興味のある方は、トヨタ・MEGA WEBホームページに詳細が掲載されています。

(山内 博・画像:トヨタ)