おすすめ記事一覧

GT300のマシンって何種類あるの?【SUPER GT 2015】

2015/07/28 11:33 by   モータースポーツ

SUPER GTにはGT300とGT500の2クラスがあります。

GT500クラスはトヨタ、日産、ホンダの3メーカーが同じ車両規定を元にマシンを製作し、基本的にはイコールコンディションを保っているということになっています。

それに比べてGT300クラスは、様々な車両規定が一つのクラスに集結した異種格闘技の様相を呈しているといえます。

217

GT300クラスの参戦マシンは大雑把に分けると2カテゴリーに分類されます。それはFIA-GT3とJAF-GT。

FIA-GT3はFIAが公認しメーカーが作成するスーパーカーをベースとした市販レーシングカーで、メーカーが作り上げた仕様を基本的に変更することなくレースに参戦することになっています。

207

SUPER GTに参戦するマシンで輸入車はすべてFIA-GT3マシンとなっています。代表的な例で言えばメルセデスベンツSLS AMG GT3.昨年のチームチャンピオンのGAINERを始め、ドライバーズチャンピオンのグッドスマイルレーシングも昨年のBMW Z4からSLSにスイッチするなど、輸入車の中では一番参加台数の多い車種となっています。

210

そしてBMW Z4が2台、アウディR8、ランボルギーニが2台参戦し、ポルシェ、フェラーリ、マクラーレンなどがそれに続きます。

205

国産車ではもっか二連勝中の日産GT-R NISMO GT3が名前のとおりFIA-GT3規格。

204

そこに今年はレクサスRC-Fが加わり、ますます参加台数が増加傾向となっています。

201

もう一方のJAF-GT規定のマシンには、さらに通称GT規定とMC規定の2つのクラスがあります。

SUBARU BRZ R&D SPORTはGT規定、厳密にはJAF-GT  カテゴリーBとなります。ベースとなる車両からルーフ部分は必ず残し、その他は規定内で改造可能。ベース車のイメージを色濃く残すことで車名とマシンを合致させています。

214 203

ARTA CR-Z GTやTOYOTA PRIUS apr GTも同じカテゴリーに分類されていますが、この2台はJAF-GTの改造範囲の広さをフルに活用して本来FF車であるにも関わらず、エンジン搭載位置までもが 変更されミッドシップリアドライブとなっています。

202

一方、MC規定はGT300マザーシャシーという共通のシャーシを使い、そこに市販車イメージのボディを被せるという手法で製作されるマシン。開発コストのかかるJAF-GT車両のコスト削減のために共通シャーシを開発することでコストを削減し、JAF-GT勢の増加を狙います。

215

昨年のタイ戦で試験導入され、今シーズンから本格採用、現在はTOYOTA86が2台、LOTUS EVORAが1台の計3台が出場。ロータスはタイ戦のQ1でトップタイム、Vivac 86はタイ戦でポールポジションと強さを発揮してきています。

219

JAF-GT勢はFIA-GT3に比べて改造範囲が広く、燃費性能とコーナーリング性能が優れているますが、エンジン出力は性能調整でやや不利になっているようです。ただし性能調整はウェイトハンデとは別に、毎レースごとに見直しがなされノーウェイトの状態で性能差がなくなるように規定されています。

車両規定だけで3種類、車種で数えると11車種が覇を競うSUPER GT GT300クラス。毎回白熱したレースが展開されており誰が優勝してもおかしくない状態。

8月8〜9日の第4戦富士300kmレースは必見!ぜひ生で迫力を体験して欲しいと思います。

(写真:吉見幸夫(岡山、タイ )・松永和浩(富士)/文:松永和浩)




あなたにおすすめの記事