おすすめ記事一覧

新型レヴォーグの名前に込めた、開発陣の情熱とは?

2014/07/02 16:33 by   ニュース・新車, アイテム, 新型車・フルモデルチェンジ, 書籍/雑誌/ムービー

北米市場を主軸とする次期レガシィに代わり、日本専用ワゴンとして開発された新型レヴォーグ。正直なところ、レガシィツーリングワゴンはブランドとして確立していましたから、廃止には一抹の寂しさを感じていました。

でもそれは、単なる思い過ごしでした。レヴォーグの名前の由来を知れば、スバル経営陣と開発陣の情熱を感じることができると思います。

31

■熱すぎる、レヴォーグの名前の由来

新型レヴォーグ開発責任者の熊谷PGM(プロジェクトゼネラルマネージャー)は、現行レガシィでも開発を任されていました。その熊谷PGMが「レヴォーグ」の名に込めた意味は「レガシィ・レボリューション・ツーリング」。つまり「レガシィ・ツーリングの革命」という開発コンセプトを、名前に込めているのですネ。しかもBMW3シリーズやアウディA4に対して、運動性能や振動騒音で勝つと決めたというのですから、開発陣の情熱を強く感じました。

11

■コンセプトは「スポーツツアラー」、共通イメージは「WRX」

新型レヴォーグでは、4代目までのレガシィツーリングワゴンのファンに応えることが使命です。そこで、ワゴンのユーティリティにスポーツカーを融合した「スポーツツアラー」をデザインテーマに設定しました。フロントにはブリスターフェンダーを採用すると共に、リアはなだらかに下がるルーフをDピラーに繋いで軽快感を訴求。何より、海外で一足先にお披露目されたWRXに似たフロントマスクが、走りのイメージを駆り立てる様です。

12

■WRXとの同時開発が更なる性能アップに

実は新型レヴォーグは、ハイパフォーマンスセダンのWRXと同時に開発されました。まさしく両車は、直系の兄弟なのですね。そのため走りのボディ剛性は、折り紙付と言えるでしょう。また新開発の1.6L直噴ターボは、NA2.5L並のパワーと好燃費を両立したダウンサイジングターボとして登場。クールドEGRやアイドリングストップを導入して、レギュラーガソリン仕様で17.4km/lを達成し、時代の要請に応えました。

13

すべて本で開発陣のコメントを読むと「本当は自分達が一番、日本のレガシィツーリングワゴンを造りたかったんだ!」という想いがビンビン伝わってきます。やっぱりスバルはこうでなくっちゃ!

動画インプレッション
http://clicccar.com/2014/06/27/260191/

電子本プレゼントキャンペーン
http://clicccar.com/2014/06/24/259926/

(拓波幸としひろ)

222




あなたにおすすめの記事