おすすめ記事一覧

クリッカーブースには、フォレスターライブの実車が!スバル車一気見せ!その2【東京オートサロン2014】

2014/01/15 13:02 by   ドレスアップ, チューニング, オートサロン, 新車

今年も大盛況のうちに幕を閉じた東京オートサロン2014。しかし、まだまだ会場にいたスバル車をご紹介していきますよ!会場内で見逃せないスバル車の一台が、クリッカーブースに展示されているフォレスター。クリッカーで1年間追い続けた「FORESTER LIVE」の実車が展示されていました。

来場された皆さんは、もちろんクリッカーブースへお越しいただき、クリッカーマガジンVol3をゲットして、福良 真莉果(ふくら まりか)ちゃんとフォレスターのコラボも見て頂いたと思います。残念ながらオートサロン会場へ足を運べなかった方のためにクリッカーブースに展示されているフォレスターをご紹介します。ATC267-2

■フォレスター 2.0XT EyeSight  FORESTER LIVE キャラバン車(クリッカー)

クリッカーブースに展示されていたフォレスターは、一見するととても10万キロを走破したようには見えませんが、バンパーやアンダーガードの傷跡にその片鱗を見ることができました。

ATC227ATC296

ボンネットを開ければ10万キロを走破した車両であることが一目でわかります!実は今回のオートサロンに出展されている唯一のフォレスターが、クリッカーブースに展示されていたFORESTER LIVEの実車でした。
 

ATC003ATC022

 ■BRZ tS GT Package(BRZ BRANCH)

北ホールの86&BRZ WORLD内には、BRZのみを展示するBRZ BRANCHブースもあり、様々なBRZを展示。「強靭でしなやかな走り」を提唱するSTIコンプリートカーのBRZ tSも展示されていました。大型カーボン製ウイングやレカロシートを装備するGTPackageはBRZの走りを際立たせる1台。

 

ATC013ATC026

 ■BRZ Premium SPORT Package(BRZ BRANCH)

同じくCLUBRZブースにはタンレザーシートやSTI製ホイールなどで、大人のプレミアムスポーツをテーマにした特別仕様車BRZ Premium SPORT Packageを展示。STIパーツを追加し、走りの性能も向上しているSTI Performance Package装着車が展示されていました。

 

ATC008ATC024

 ■BRZ RA 全日本ジムカーナ選手権PN3クラス優勝車(BRZ BRANCH)

昨年の全日本ジムカーナ選手権PN3クラスで、山野 哲也選手のドライブによりクラスシリーズチャンピオンに輝いたEXEDY 11A BRZ。ドライバーの山野選手がプロデュースするexmotionサスペンションキットが装備されていました。

 

ATC010ATC025

 ■BRZ RA Racing (BRZ BRANCH)

86/BRZワンメイクレースに参戦することのできるBRZ RA Racingは、レース参戦に必要な4点式シートベルトや、オイルクーラーを装備。展示車両にはSTI製車高調整式サスペンションやBBSホイールを装備し、実戦に参戦する車両をイメージしていました。

  

016-2023-2

■BRZ S CLUBRZ クラブカ―(BRZ BRANCH)

世界初のBRZ ファンクラブ CLUBRZ(クラブリーズ)で活躍するクラブカー。イベントなどで試乗や様々なパーツのテストに使用されている1台。会場ではソニックデザイン製スピーカーの試聴がおこなわれていました。

 

ATC054ATC053

■BRZ R CZS(ZERO/SPORTS)

スバル車専門のアフターパーツメーカーZERO/SPORTS(ゼロスポーツ)のコンプリートカーには様々な新製品や試作品が装着されていました。ブースには新発売のスーパーチャージャーも展示。BRZオーナーの注目を集めていました。オリジナルのフロントバンパースポイラーや、 サイドステップがスポーティなBRZをさらに引き締めています。

 

ATC232ATC239

 ■BRZ (湾岸)

スバル車専門のアフターパーツメーカーとして知られる湾岸からは、BRZを出展。ホワイトに赤のストライプがスポーティな印象でした。サスペンションには湾岸MONOCEROS ZEROを装備。テールにはステンレスマフラーZERO plus+が輝いていました。18インチのWORK M・C・O RACING Type:CSもキマっていますね!

 

ATC205ATC207

 ■BRZ R (データシステム)

カーエレクトロニクスのデータシステムからは、R-SPEC BRZを出展。オリジナルフロントバンパーやカーボンボンネットなど、オリジナルエアロパーツをはじめ。ウイング内蔵型カメラなどデータシステムならではのパーツも多数装着されていました。インテリアにもカラーコーディネートを楽しめるオリジナルパネルやステアリングを装備。内外装ともに注目の1台でした。

 

ATC046ATC047

 

■BRZ (カーステーション マルシェ)

HKSスーパーチャージャーを装備し、ストリートでの扱いやすさも追求したBRZ。エクステリアからは見えない部分にも、メンバーすじがねくんやトリプルエフェクト ブッシュといったオリジナルパーツも多数装備。S203タイプリヤウイングにオリジナルウイングマウントを装備したリヤビューも迫力満点です。

 

TAS050TAS051

■BRZ S (YR-ADVANCE) 

オリジナルのビックスロットルをはじめ、PREMIUM JAPAN オイルクーラーやECUで武装したYR-AdvanceのBRZ。ストリート重視のライトチューン仕様となっていました。

 

ATC067ATC066

 ■BRZ RA Racing(Snap-on)

世界中の多くのメカニックに愛用されている工具メーカースナップオンブースには、86/BRZ Raceに参戦中のワンメイクレースマシンを展示。カラーリングがカッコいいですね!

  

ATC063ATC065

 ■BRZ (JUN AUTO MECHANIC)

Greddy T518 ボルトオンターボキットと Greddy プロスペックブーストコントローラーを装備し、JUNオートメカニックでチューニングした EcuTek Ecuにより、262.6psを発生するBRZ。最大トルクも30キロオーバーのパワフルなBRZです。
イエローのBRZは珍しいですね。

TAS223

 

インプレッサWRX STI(t-get)

t-getブースに展示されているWRX STIは、スバリストには「ないる屋」ブランドでお馴染みのS-craft製エアロキットを装備したG-CONCEPT WRX STIを展示。カーボンボンネットやフロントバンパー、サイドステップ、リヤウイングなどクオリティの高いエアロパーツが特徴です。もちろんHKSの前置インタークーラーや、t-getスペシャルセッティング)の施されたF-con iS&フラッシュエディターで、走りのチューニングもばっちりおこなわれていました。

 

今回のオートサロンでは、昨年に引き続きBRZの出展が数多くありましたが、今年の春に発売となるレヴォーグを早くもカスタマイズしたモデルがスバル/STIブースに登場しており、来年のオートサロンはレヴォーグのデモカーも数多く登場するのではないでしょうか?まだまだ会場内にいたスバル車をご紹介しますので第3段もお楽しみに!

(井元 貴幸)

 

 

 




あなたにおすすめの記事