おすすめ記事一覧

初めてクルマを買う新社会人におすすめ!後悔しない自動車選び

2013/04/01 18:03 by   エンタメ, エンタメニュース, ネタ・小ネタ

この春、新社会人となる皆さんのなかには、新たにクルマの購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新社会人 おすすめクルマ選び

若者のクルマ離れが叫ばれる中、都市部を除いた地域では依然クルマは生活必需品であり、場所によっては通勤にクルマを使われる方もいらっしゃると思います。公共交通機関の発達した都市部でも、友人や恋人とのお出かけや、趣味としてクルマの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、クリッカーがおススメする後悔しない自動車の選び方をご紹介します。

セルフスタンド 計量機

■維持費を考えよう!

クルマを購入する場合、車両本体価格に目が行きがちですが、実は一番考えなくてはいけないのが維持費。
維持費の中には駐車場代、ガソリン代、保険代、自動車税、車検費用などの積み立て、タイヤ、バッテリーなどの消耗品、オイル交換や洗車用品などのメンテナンス費用などが挙げられます。

新車でも中古車でもクルマの排気量が小さくなればなるほど、維持費が安くなる傾向があります。自動車税一つをとっても2500ccのクルマが年間4万5000円なのに対し、1000ccクラスのクルマであれば3万4500円と年間で約1万円の差が生まれます。

他にも排気量が小さいクルマはタイヤやバッテリーサイズが小さかったり、燃費が良かったりする傾向があるので全般的に安く上がるケースが多いと言えます。

4663437474_71f0128259_z

■中古車は見た目にダマされるな!

中古車の購入を検討されている方は、まず車両本体価格を見て決めるケースが多いと思いますが、同じ価格でも膨大な種類のクルマの中から選ぶ基準はとても難しいと思います。

例えば同じ車両本体価格でも年式は古いけど新車価格の高い高級車と比較的新しい年式のコンパクトカーでは見た目で高級車を選んでしまいがちですが、前途の通り排気量の大きい高級車は維持費がかかる上、走行距離が多かったり年式が古い場合故障の恐れも出てきます。万が一修理となった場合でも備品代が高かったり年式によっては部品が入手できず修理できなかったりといったケースも考えられます。中古車を選ぶ場合は値段と見た目だけにとらわれず、維持費などもしっかり考えて選びましょう。

AE85 カローラレビン2ドア LIME

■購入するクルマが決まったらその車種のことをしっかり調べよう!

新車でも中古車でも購入したいクルマが決まっている場合、その車種についてしっかり調べましょう。ボディカラーなどの見た目はカンタンに決めることができます。重要なのはグレード体系。

最上級グレードを購入するのが一番手っ取り早い方法ですが、不必要な装備が沢山ついていて割高になるケースもあります。自分にとって必要な装備が充実しているのかをしっかりチェックしましょう。特にそれぞれのクルマのウリである装備が廉価グレードではオプションであったり、選択出来なかったりする場合もあります。グレードの多い車種では見た目は同じでも上位モデルとエンジンが違う場合もあります。某走り屋系漫画で見た目だけで1.5L廉価モデルのカローラレビンを購入してしまった主人公の友人のストーリーは結構有名なお話。皆さんもしっかりお気に入りの車種を研究しましょう。

 

今回、クルマの購入を検討している皆さんへ3つのポイントをお伝えしました。クルマの維持費などは車種によって様々です。ご自身の親兄弟の中にクルマを所有している人、過去に所有している人がいたらどれくらいのクラスのクルマで維持費はどれくらいかかっているのかを聞いてみるのも参考になると思います。
新生活と同時にクルマの購入を検討している皆さんは、今回ご紹介した3つのポイントは参考になりましたでしょうか?是非参考にして頂き、後悔しないステキなカーライフを送って下さいね。

(井元 貴幸)