おすすめ記事一覧

年間8カ月を車中泊で過ごす女子が教えるゴールデンウィーク要注意の道の駅

2011/04/30 02:03 by   ドライブ, 車中泊・旅, 道路・インフラ

アイヌコタン

北海道阿寒湖にあるアイヌコタンの駐車場


みなさま初めまして、「しう」こと松本周己と申します。

このたび、Clicccarライターズの一員に名を連ねることになりました★ 宜しくお願いします。

まずは自己紹介。 熊本県熊本市生まれ、大分県中津市、千葉県松戸市、東京都世田谷区を経て、熊本県菊池市在住。

初恋?は、ガッチャマン2号・コンドルのジョーです。トレーラーハウスに住んでるレーサーです。

そうです、一応わたしは女子です。

ジョージ浅倉はコンドルですが、鳥の中ではフクロウが一番好きです。ちなみにガッチャマン5号のリュウはミミズクです。甲乙つけ難いです。

話が逸れましたが、2005年からキャンピングカーRocky21(上の写真がそれです)を住居兼仕事場として、愛犬とともに年間約8ヶ月くらい車中泊しつつ国内を放浪しています。

クルマは好きですが、女子らしく中身についてはイマイチ理解していません(笑)

二十代の頃からレンタカーなどで車中泊をしながら北海道周遊、日本縦断などなどオトナになっても落ち着く気配なし。

9月の北海道で、ハイエースの営業車(後部座席ナシ)に段ボールを敷いて寝袋で寝て風邪をひいたのも今では楽しい思い出です。

 

Rocky21は幅2.49m/長さ6.7m/高さ3.2mと居住性は格段によくなったのですが、いかんせん日本の道路事情の中では大型車扱いで、混雑が予想される週末や連休などは邪魔者的存在です。

人気の道の駅だと満車の場合も多く、大型車レーンは観光バスのためのもの、という感じですし、休日の車中泊ともなると、道の駅の開店前には出て行かないといたたまれない雰囲気。 (もちろん、お買い物やお食事はするので「出て行け」とは言われないのですが)

関東近郊の道の駅は休日ともなると混雑必至。東京唯一の道の駅『八王子滝山』は、平日でも満車の場合があります。

今までの経験では、『たるみず』(鹿児島)、『水辺の郷おおやま』(大分)、『内子フレッシュパークからり』(愛媛)、『あいおい白龍城』『みき』(兵庫)、『ふじおやま』(静岡)、『かつやま』(山梨)、『おがち』(秋田)、『上品の郷』(宮城)などが大人気で停められなかったことがあります。

あらかじめネットなどで駐車場の台数を調べておくと、ある程度の予測が出来ると思いますが、『ガレリアかめおか』(京都)『クロス10十日町』(新潟)など普通車300台オーバーでも大部分が地下や立体駐車場なので、キャンピングカーには不利。

それから併設の入浴施設が、びっくりするくらい小さくて「週末だったら大混雑だろうなぁ…」と思ったのが道の駅『おおすみ弥五郎伝説の里』(鹿児島)。3〜4人でいっぱい、という狭さでした。

『もみじ川温泉』(徳島)は温泉施設がメインなので夕方あたりから地元の入浴客で混雑し、『宍喰温泉』(徳島)は時期によりサーファーで賑わいます。

あと、道の駅でイベントが開催されていると周辺までびっしり満車…という場合も。

せっかくのゴールデンウィーク、渋滞もあるでしょうが楽しく過ごしたいですね!

わたしは5月1日〜5日まで、道の駅『きくすい』近くの肥後民家村で開催される『里山美術展』に出店します。 木の実など自然のものを使って、フクロウをモチーフにした小物を造っているのです。

期間中はキャンピングカーで滞在するのですが、その準備もまだできていません…。

清水タンクのお水も替えてないし、確かLPGボンベも1本カラになってるし、着替えも寝具も積んでない…。 どうなる!?

(松本しう周己)